不要ベッド回収手続きの流れ

いらなくなったベッドを、市の粗大ごみ回収に出しました。全体の流れとしては、①市の環境業務課へ電話もしくは直接行き、不用品回収のことは神戸の業者でもここともからも引き取ってもらいたい品物と、引き取り日時の予約をします。直近だと結構予約が埋まっていたりするので、余裕を持って予約しましょう。②当日ベッドを家の前に出して、回収車が来るのを待ちます。うちは道路に面した戸建てなので、門の外まで出せばOKだったのですが、神戸のゴミ屋敷を清掃して片付けするというからには敷地内には回収に来てくれないそうなので、マンションなどの集合住宅の方は、エントランスの外まで移動させなくてはいけないようです。一人で運ぶのが難しい場合は、人員が確保できる日時で予約する必要がありますね。根管治療でおすすめの東京の歯科医院はどんなにも③回収車到着(ちょっと早めの到着。焦った…)、ベッドを引き渡します。作業員のおじさんがエッサホイサとパッカー車の後ろに運んでいき、その場で「バキバキバキ!!」あっという間に2メートルのベッドが潰され飲み込まれていきました。神戸でお風呂のリフォームをこれからも④そのまま引き取りの代金を支払います。うちの市は粗大ごみを引き取りに来てもらった場合は基本500円です。ですが重さや内容によっては追加料金がかかるそうです。そして領収書をもらったらこれで完了!思っていたよりスムーズに終わりました。当日作業員の方から伺ったのですが、同じベッドでも、中の骨組みがボンネルコイル(洋画なんかに出てくる、不用品回収ならば神戸でも少しはいいことがワイヤーでつなぎ合わせてあるタイプ)だと、引き取りのお値段が上がるそうです。今回はポケットコイルだったので、追加料金はナシで済みました。