役所での不用品回収はお手頃価格

引っ越しや大掃除をした時に出てくる粗大ゴミや不用品の処分に困った経験はありませんか。処分は、役所のゴミ収集か民間業者に依頼する方法に分けられます。できるだけ費用をかけずに処分されたい方は、役所に依頼するのがオススメです。処分料金は自治体によって異なってきますが、量が多くなければ1,000円程度で回収してもらえるのでとてもリーズナブル。自治体の指定した集積所に搬出すれば回収してもらえるので、手間もあまり要りません。処分料がリーズナブルな役所ですが、デメリットもあります。回収日が月に2回など決まっているので、急ぎの方には不向きなところも。早く搬出したい時は、処理施設に直接持ち込みすることで解決できます。処理施設に直接持ち込むメリットは、ごみの重量が100kg程度であれば基本料金で済むため、コストパフォーマンスも高くなります。また、処理施設が休み以外であれば搬入できるのでスムーズに不用品を処分できるようになります。粗大ゴミだけでなく、読まなくなった本なども搬出できるので便利です。なお、処分料金や搬入方法によっては自治体によって異なってきますのでお住まいの役所に問い合わせてください。実際に大掃除などで多くの不用品が出た場合は、処分場へ直接持ち込みしていますが、基本料金以内で収まっています。処分場は、一般の住民以外にも多くの指定業者の車両が搬入に来るため、特に週初めと週末は込み合いますので注意してください。間もなく年末の大掃除シーズンに入りますが、多くの不用品が発生すると思われます。自分で不用品を持ち込むことでお手頃価格で処分できますよ。