新型コロナ便乗の粗大ごみ回収詐欺にあいそうになった話

2020年の夏に、長く使ったベッドとソファを処分することに決めました。神戸の遺品整理となるとどこにだってあることはベッドはセミダブルで、木枠とマットレス共に、10年近く使っていました。ソファは2.5~3人掛けのやや大きめのものでした。
断捨離をはじめて2ヵ月目で、捨てることが楽しくなっていた時期だったので、すぐにでも引き取ってもらえる業者をWebサイトで探して電話をしました。おすすめの医院、歯科医院を探すならメディカルゲートだと見積もりを依頼すると「実物を見ないと金額が大きく変わったり、トラックを変える必要がでてきたりするので、本日うかがわせてください。大きさによっては、そのまま引き取りも可能です」と言われ、来ていただいたところ「コロナの影響で、マットレスの綿とソファの詰め物の加工・消毒が必要なので」という前置きがあって「お見積もり金額は、12万円です」と言われました。片付けても神戸のゴミ屋敷は清掃しないともう「予算を超えているので」というと「この部分を同じ作業として、サイズも一回り小さいことにしますので、6万円です」と値下がりはしたものの、それでも高く、男性2名が部屋にあがっている状況だったので断りにくかったのですが、「考えます」と答えて帰っていただきました。改めてWebサイトで別の業者に電話をしたら、電話でお見積もりをしてくれて、2万円台で処分できました。実際に利用した業者の方に「別の会社で見積もったら12万円でした」と伝えたら、「危なかったですね。そういうのが堂々とサービスしているなんて怖いですね。でも、同業者としては面白い話なので、同僚に話してもいいですか?(笑)」と言われて、不用品回収のことなら神戸が便利と思っているのは被害者にならなくてよかったと本当に思いました。サービスが早ければいいというものではないですね。